RSS | ATOM | SEARCH
歯に物が詰まる場合の治療としては?

むし歯があればまずその治療をします。

 

むし歯がない場合は噛み合わせの調整をして様子を見ます。

それでも改善しない、食べ物がどんどん詰まっていって(食片圧入)

歯肉に炎症が起きてしまう

などの困りごとが起きる場合は

詰まらないように治療をします。

 

歯と歯の間に虫歯がある場合

虫歯が小さい時は、詰めものを詰めます。

大きな虫歯の場合は、

金属のはめ込みや被せ物を作って、

歯と歯の間の隙間をなくします。

 

歯と歯の間に隙間がある場合

最初に咬み合わせを調整をします。

それでも物が詰まる場合は

隙間をなくす様に詰めものを詰めたりして、歯の間に物が挟まらないようにします。

既に被せ物をしている場合には、今の被せ物を外して隙間がなくなるように新しい被せものを作り直すこともあります。

 

歯と歯に段差がある場合

段差を削って滑らかになるように調整します。

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 17:35
comments(0), -, pookmark
歯に食べ物が詰まります

よく歯に物が詰まります。むし歯でしょうか?

ということで来院される患者さんがおられます。

歯に物が詰まる原因はむし歯だけではありません。

 

食べ物が詰まる原因

 

虫歯がある

歯と歯の間にできた虫歯ができると、

虫歯の穴に物が引っかかり、詰まりやすくなります。

 

歯と歯の間に隙間がある

歯周病や華麗で歯を支えている骨が溶けたり、

歯ぎしりで歯が揺らされることによって、

歯と歯の間の隙間が広がり物が詰まりやすくなります。

 

歯並びに問題がある

歯並びが悪く、前後の歯と高さが違う歯は物が挟まりやすくなります。

 

詰め物や被せ物の劣化

経年劣化や、歯ぎしりによって、

詰め物や被せ物または接着するセメントが劣化することにより、

詰め物や被せ物に欠けや小さな隙間ができ。食べ物が詰まりやすくなります。

 

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 17:29
comments(0), -, pookmark
『ポビドンヨード』のうがい

大阪の知事が会見で発表された

『ポビドンヨード』でうがいをすると

コロナウィルスの感染予防になるというのは、

 

『ポビドンヨード』でうがいをすると

唾液PCR検査の陽性頻度が下がる、

 

という検査結果に基づいています。

 

ただ、これだけではうがい薬にな効果があるとは、

まだ言えないと思いますが

診療室ではまず、診療をする前に

『ポビドンヨード』の入った水でうがいをしてもらいます。

 

人と会食をする、会話をする前に

うがいをすることはマスクとするのと同じ

相手に対して感染させないメリットがあります。

 

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 17:16
comments(0), -, pookmark
唾液の役割

唾液の役割には以下のものがあります。

 

―甞蟶醉僉覆犬紊鵑つさよう)

:粘膜の表面を唾液が覆って潤いをもたせることで、咀嚼・嚥下・発声を容易にする。

粘膜保護作用(ねんまくほごさよう)

:唾液の成分であるムチンによって各種の刺激から粘膜を保護する。

R鰉陲諒篏作用

:食物が、咀嚼時に歯や粘膜に付着することなくまとまるようにする。

だ浄作用

:粘膜や歯の表面に唾液が覆う事で、咀嚼時に食物が歯や粘膜に付着するのを防ぐ。

 

唾液がすくなるなると、食べにく、喋りにくい

食べ物の味が変わる、美味しくない

風邪にかかりやすくなる。

口内炎ができやすくなる

など沢山のの困りごとが出て来ます。

 

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 08:19
comments(0), -, pookmark
唾液腺の種類

唾液を産生する器官である唾液腺は、

「大唾液腺(だいだえきせん)」(三大唾液腺)として

「耳下腺(じかせん)」

「顎下腺(がっかせん)」

「舌下腺(ぜっかせん)」

があります。

他に

「口唇腺(こうしんせん)」、「頬腺(きょうせん)」、「口蓋腺(こうがいせん)」などからなる「小唾液腺(しょうだえきせん)」があります。

 

大唾液腺の「耳下腺」からはサラサラした唾液(漿液=しょうえき)が、

「顎下腺」と「舌下腺」からは

サラサラした唾液と粘稠性の唾液(粘液=ねんえき)が混ざった唾液が分泌されます。

 

 

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 08:17
comments(0), -, pookmark
歯科受診の新型コロナ感染リスク

 歯科受診の新型コロナ感染リスクについて

 以下の記事を見つけました

 

 歯科医院でクラスターが発生したというニュースもききません。

 特別高いリスクがあるわけでは無いと記事を読んで安心できると思います

 

 

https://medicaldoc.jp/column/2019-ncov-20/?fbclid=IwAR0KVY_YrjwkZ1RYsP4XUislQOhBY8MTv_65vbo9kdJKVXHHBQk571wgHcE

 

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 08:02
comments(0), -, pookmark
噛む量が減っています

卑弥呼の時代の食事と現代の食事を比べてみると、

噛む量が約1/6、

所要時間で1/5。

昭和10年と比べてさえ、

噛む量は60%も減って、

食べる時間は半減しています。

 

食べ物が多様化したということもあるかもしれません

柔らかいものが多くなったということもあるかもしれません

 

それにしても卑弥呼の時代は

まさに生きるは食べる時代だったのだと思います。

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 23:29
comments(0), -, pookmark
発達障害について学びました

初めて有料のオンラインセミナーを受講しました。

歯科医院という狭い窓ではありますが、社会の問題が見えます。

 

本日の学びは

発達障害は脳(神経)のダメージ(不具合)によるもので

愛情不足、関わりの問題ではないと言われていること

DSM-5 という分類法がある。

なかなか馴染みのない言葉も多く全部を理解できなかったと思いますが、

発達障害について眼差しを注ぐ必要を感じました。

 

 

地域で見守る、ライフステージごとの発達障害への対応とその課題

講師:東鬼 裕子先生 臨床発達心理士 

発達障害の診断基準は時代と共に変遷してきました。その結果、より多くの人たちが発達障害と診断されるようになっています。しかし、彼らが社会で暮らしてく中で多くの問題が出てきています。出生後の保護者のサポート(受け止めかたや、相談の場の少なさ等)、保育園・幼稚園の受け入れの問題、小中学校での特別学級の問題、就労の困難さ、また、企業のサポートの問題、また、引きこもりによる社会との断絶、保護者の高齢化等、解決しなければならない問題が山積みです。まずは、我々専門家が発達障害を正しく生物学的に理解し、ライフステージ毎の諸問題を心理社会的に把握し、人間性をもった対応を考えていく必要があるのではないでしょうか?

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 23:25
comments(0), -, pookmark
電動歯ブラシも普及してきました

最近は電動歯ブラシも普及してきました。

よりていねいにきれいにみがきたい人、

利き手の関係で左右のみがき方に差がでてしまう人、

手がすぐに疲れるお子さん、

手先が不自由になった高齢者などに

特に有効です。

 

電動歯ブラシ用の液体歯みがき剤を使うと、

より効果が上がります

 

電動ハブラシはハブラシの部分が動いて磨いてくれるので

普通のハブラシと同じように動かして磨くと

逆に磨き残しが多くなることもあります。

電動歯ブラシを使ったから普通のハブラシより綺麗になる

というわけではありません。

 

一度電動ハブラシでも歯垢を染め出してチェックすることは

大事です。

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 23:23
comments(0), -, pookmark
液体歯磨きの使い方

液体歯みがきは、ブラッシングの前に使用します。

液体歯みがきは練歯みがきと異なり、

液体なのでお口の隅々まで広がる効果があります。

 

ただ、清掃剤(研磨剤)が入っていないので、

歯の着色がみられる場合は、

清掃剤(研磨剤)入り歯みがきを使用したほうが歯が白くなります。

 

口内炎ができて歯ブラシを使いづらい時

人と会う前にちょっと口の中を綺麗にしたい時

など使うのは効果的です。

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 23:15
comments(0), -, pookmark