RSS | ATOM | SEARCH
感染症を起こす微生物の種類

感染症を起こす微生物の種類には以下のものがあります。

 

細菌

顕微鏡でようやく見える程度のごく小さな、核をもたない単細胞生物です。

レンサ球菌 大腸菌など

 

ウィルス

真菌や細菌よりはるかに小さな感染性微生物です。

自分では増殖する能力がないため、

生きている細胞に侵入し、その細胞の増殖機能を利用する必要があります。

水痘帯状疱疹ウイルス ライノウイルス など

 

真菌 

植物でも動物でもない生物です。

その大きさは、顕微鏡でようやく見えるものから

肉眼で容易に見えるものまで様々です。

真菌には酵母、カビ、キノコ類などが含まれます。

カンジダ・アルビカンス 白癬菌など

 

寄生虫

通常は自分よりはるかに大きな生物(宿主)の体内にすみつくことで

生き延びる生物で、

蠕虫(ぜんちゅう)や単細胞生物の原虫(細菌と異なり核をもつ微生物)などが該当します。

 

蟯虫 熱帯熱マラリア原虫 など

 

 

 

 

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 07:37
comments(0), -, pookmark
Comment