RSS | ATOM | SEARCH
オートクレーブ

高圧蒸気滅菌(オートクレーブ)

 

適当な温度および圧力の飽和水蒸気中で加熱することによって

微生物を殺滅する方法。

 

主としてガス製、磁製、金属製、ゴム製、紙製もしくは繊維製の物品、

水、培地、試薬・試液または液状の医薬品などで、

高温高圧水蒸気に耐えるものに用いることができます。

かなり沢山のものが対象にできます。

滅菌する物によって温度、時間を調整することができます。

  115℃ 30分間

  121℃ 20分間

  126℃ 15分間

  134℃ 10分間

滅菌処理に要する時間、コストが比較的少なくてすみ、

その適用範囲も広く、

鋼製手術器械、リネン類、ゴム手袋など

高温・高湿に耐えうる物質の滅菌に病院、研究所、産業分野ほかで

広く用いられています。

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 06:24
comments(0), -, pookmark
Comment