RSS | ATOM | SEARCH
唾液の役割

唾液の役割には以下のものがあります。

 

―甞蟶醉僉覆犬紊鵑つさよう)

:粘膜の表面を唾液が覆って潤いをもたせることで、咀嚼・嚥下・発声を容易にする。

粘膜保護作用(ねんまくほごさよう)

:唾液の成分であるムチンによって各種の刺激から粘膜を保護する。

R鰉陲諒篏作用

:食物が、咀嚼時に歯や粘膜に付着することなくまとまるようにする。

だ浄作用

:粘膜や歯の表面に唾液が覆う事で、咀嚼時に食物が歯や粘膜に付着するのを防ぐ。

 

唾液がすくなるなると、食べにく、喋りにくい

食べ物の味が変わる、美味しくない

風邪にかかりやすくなる。

口内炎ができやすくなる

など沢山のの困りごとが出て来ます。

 

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 08:19
comments(0), -, pookmark
Comment