RSS | ATOM | SEARCH
スウェーデンで発見!新★歯みがき法

 試してガッテンで以下の方法を紹介していました

 

スウェーデンで発見!新★歯みがき法

 

1995年にスウェーデンの研究者たちは“イエテボリ テクニック”と呼ばれる新たな歯みがき法を発表しました。実験によると、通常の歯みがき方法と比べて虫歯の予防効果が40%以上高いことがわかったのです。その最大の目的は、歯みがきの後に口の中にフッ素を残すこと。

現在スウェーデンの歯科医院などで指導されている歯みがき方法のポイントをご紹介します。

<ポイント1>
フッ素配合の歯みがき粉をたっぷりと使う(目安は2cm)

 

<ポイント2>
歯全体に歯みがき粉が行き渡るように意識して2分程度歯みがきを行う

 

<ポイント3>
口の中の泡などをしっかり吐き出したあと、口をゆすがない

ゆすぎたい場合は水を少量にして、回数も少なくする

 

<ポイント4>
歯みがきのあと、2時間飲食をしない(最低でも30分)

 

ただしイエテボリ テクニックの対象年齢は12歳以上です。

小さいお子さんにはオススメしていませんのでご注意ください。

 

20190508_main01.jpg190508_05.jpg

 

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:-, 08:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://tyokoto.matuoka.in/trackback/932