RSS | ATOM | SEARCH
心内膜炎の講演会に行きました

 

今日の講演会の話は心内膜炎の症状。治療。予防。の3点。

 症状は発熱、心雑音、倦怠感など。

鑑別診断が難しいらしい。

とりあえず抗生物質は投与されるので

一旦症状は緩和するが診断が

違っているととりあえずの症状が消えて

ドクターショッピングをする羽目になるらしい。

 

治療は抗生物質の大量投与とそれで難しい場合は疣贅の切除。

心臓外科手術になるらしい。

 

予防としては

高リスク 心臓に問題がある、

心臓内に人工物の弁などを入れている人、

ペースメーカーを使っている人などには

前投薬をする必要がり、

それはペニシリン系のアモキシリンが現在では一番効きめがある。

 

ということでした。

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:-, 07:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://tyokoto.matuoka.in/trackback/936