RSS | ATOM | SEARCH
「これからの学校歯科保健」の講習会に参加しました。

「これからの学校歯科保健」の講習会に参加しました。

「日本におけるこどもの健康格差」相田潤先生。

「ガッテン流!学校でも健康づくり」〜演出家的発想法のススメ〜 北折一先生

「専門家主導から生徒主体の健康づくりへ」中学校における歯科保健プログラムを通じて 星岡賢範先生

 

相田先生からは

色々な疾患の中で永久歯のウ蝕は世界中でランキング第一位の疾患であること。

歯が多いと、健康寿命が長く、要介護期間が短いこと、

ウ蝕にも格差があり、その格差はこどもの成長と共に拡大していること

などこれから歯科医療従事者として考えて行く必要のある問題提起をいただきました。


 北折先生からはインパクトのある健康教育の方法を伝授いただきました。

少しでもインパクトのある話ができると良いのですが!
 それと計るだけダイエットは実行せねば!!

 

星岡先生の中学校での歯科保健の取り組みについて研修会をされるそうで

それにも参加の予定です。

64595812_2400647356686392_8419117493460664320_n.jpg64473877_2400647513353043_1002432370315362304_n.jpg64308929_2400647536686374_6265733436569288704_n.jpg64269503_2400647546686373_4624893519603957760_n.jpg64211091_2400647340019727_8978665313092501504_n.jpg64956145_2400647396686388_8966346878736138240_n.jpg

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 07:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://tyokoto.matuoka.in/trackback/941