RSS | ATOM | SEARCH
高齢者の自動車事故 ージェロントロジーからー

 

 <高齢者の自動車事故>

 

事故率は20歳頃がピーク。

55歳〜65歳が事最も低く、

70歳をこえると急激に高くなり、

85歳では20歳前後の事故率までアップする。

 

高齢者の事故は、原因が高齢者側にあることが多く、

複数の車が関わる事故に巻き込まれやすいという特徴もある。

 

 運転に必要な感覚、認知能力の一部は加齢により衰えるが、

急停車させる時の反応、

障害物への反応などは衰えない

と言われている。

 

高齢者の視野が狭くなると、

交通事故や交通違反の発生割合が2倍になる。

交通標識を見やすくする、

道路の照明を明るくするなど、

環境面の工夫で軽減できることもある。

 

 

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:本、学会, 03:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://tyokoto.matuoka.in/trackback/950