RSS | ATOM | SEARCH
人生の最後まで望む暮らしを続けることができる地域を目指して 講習会

お口のサポート講習会に参加しました。

「人生の最後まで望む暮らしを続けることができる地域を目指して」

という演題で

愛媛の医療法人 ゆうの森理事長 永井康徳先生が

お話をされました。

 

年齢が進んでからの輸液は考えた方がいいというお話でした。

年齢が進めば死は医療の敗北でなく

当たり前の営みになるといいなと思いました

 

いただいた資料の内容をアップします。

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:本、学会, 21:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://tyokoto.matuoka.in/trackback/970