RSS | ATOM | SEARCH
8020運動の効果

8020運動は着実に効果を上げているようです

 

“80歳になっても20本以上自分の歯を保とう”を目標に掲げた「8020運動」がスタートしたのは1989(平成元)年で、30年以上が経過しました。当時は女性の平均寿命がようやく80歳に達した頃で、実際に80歳で20本以上自分の歯を保っている人の割合は7%程度、80歳の人が保っていた歯の本数は平均4〜5本にとどまっていました。人間の永久歯は28本で、親知らずを含めると32本です。20本以上の歯を保てれば、ほとんどの食べ物をしっかりとかむことができ、おいしく食べることができるのです。このため20本という目標が掲げられました。

その後、「健康日本21(第二次)」(2013=平成25=年度から10年間の計画)において、8020運動の具体的な目標として2022年度までに50%を達成することが掲げられました。しかし2016(平成28)年に発表された歯科疾患実態調査の結果により、目標よりも5年以上も早い時期に50%を超えたことが明らかになりました。これにはいくつかの要因があると考えられます。歯科医師が患者の歯を残す努力を続けたことに加えて、国民の歯の健康に対する意識も高まりました。50代以降、特に高齢者の方々には、いつまでもおいしく食べることを目標として、お口の健康管理に気を配る人が増加したと考えられます。

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 08:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://tyokoto.matuoka.in/trackback/977