RSS | ATOM | SEARCH
予防歯科の研修会に参加しました

25年前にNPO法人ウェルビーイングの中村譲治先生の

臨床予防歯科のセミナーで学びました。

本当に久しぶりに中村先生のお話を聞く機会を持ちました。

 

予防歯科の原則から始まり

予防歯科のステージ

健康教育の話もあり

25年の今を振り返りました。

 

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 08:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ガムが噛みにくい

先日診療室に久しぶりにガムを噛んだら

噛みにくいので噛み合わせを見てください

ということで来院された方がおられました。

 

顎を動かしながら何回も噛む(咀嚼)するので

噛み合わせがしっくりこないと上手に噛むことが

できないということでした。

 

噛み合わせは筋肉の動きと歯の噛み合わせが調和していることが大事です。

ただ、お口の中ではむし歯の治療などで金属の被せ物などがあると

天然の歯より、硬い被せ物。柔らかい詰め物などが混在し

凸凹の噛み合わせになって筋肉の動きと調和しなくなることがあります。

 

その場合は下顎がスムーズに動かずガムが噛めないという結果になります。

 

少し、噛み合わせ、被せ物&歯を調整すると

途端に動きが滑らかになって、食べやすい

と言われることもあります。

 

ガムが食べにくくなったら一度噛み合わせの調整をされて見てください

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:診療室での出来事, 08:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark
歯周病と糖尿病の関係

歯周病は糖尿病と相互に悪い影響を及ぼします。

糖尿病をお持ちの方では歯周病が悪化しやすく、

歯周病があると糖尿病の血糖コントロールが難しくなることがわかっています。

 

さらに最近の研究では、歯周病の治療をきちんと行うと

血糖値が改善するということもわかっています。

 

歯肉の炎症である歯周病が糖尿病に関わってくるのか?

出血や膿を出しているような歯周ポケットからは、

炎症に関連した化学物質が血管を経由して体中に放出されています。

中等度以上の歯周ポケットが口の中全体にある場合、

そのポケット表面積の合計は掌(てのひら)と同じ程度と考えられています。

歯周ポケットの中身は外からはなかなか見えませんが、

手のひらサイズの出血や膿が治療なしで放置されていると考えると、

からだ全体からも無視できない問題であることが理解できると思います。

ポケットから出て血流にのった炎症関連の化学物質は、

体のなかで血糖値を下げるインスリンを効きにくくします

(インスリン抵抗性と呼びます)。

そのため、糖尿病が発症・進行しやすくなります。

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 08:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
糖尿病の講習会に行きました

糖尿病と歯周病に関連があるという研究結果が沢山出てきています。

昨今は内科の先生から歯周病のチェックを依頼されることもあります。

私たち歯科医師も糖尿病について知る必要もあり、学ぶ機会も多くなりました。

 

11月14日の世界糖尿病デーです。

その日の前だからというわけではなかったと思いますが

「糖尿病診療の実際〜人口減少社会の糖尿病学〜」の講演を聞いてきました。

 

 現在世界では発展途上国で罹患者率が上がってきているそうです。

社会の在り方で格差のでる病のようです。

また、一度糖尿病と診断されると治癒はないということで、

環境をかえる、

生活習慣を見直す

ことが一番大事。

所謂、行動変容。

 そのために健康信念モデルのメリットに着目する、

 エンパワーメントアプローチが必要とのことでした。

 

予防が大事。

う〜〜ン何処かで聞いた

むし歯も歯周病も糖尿病も同じでした。

 

基本、病というのはならないほうがいいもの!予防が一番

 

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:歯に関する情報, 08:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
寄せ書きをいただきました

23日が勤労感謝の日ということで、

園医をしている近くの保育園の園児さんが

寄せ書きを持って、挨拶にきてくれました。

 

歯科医師として冥利です。

丁度、来院されていた患者さんたちも

「いいなぁ!」

と言ってくださいました。

一人は毎日畑で美味しい野菜作っているんだけど、

寄せ書きやらもらったことがない!

ちょっぴり羨ましげでした。

 

 

author:松岡歯科医院ブログ「ちょこっと聞いて」, category:診療室での出来事, 08:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark